ひらつかスポーツナビ

ベルマーレ最新ニュース



2018J1リーグ第13節
日時:5月6日(日) 16:03キックオフ
会場:Shonan BMW スタジアム平塚

湘南ベルマーレ 1-3 ベガルタ仙台

前節、柏レイソルをホームに迎えた試合は1-2の敗戦。4試合ぶりの黒星を喫した我らが湘南ベルマーレはホームゲーム連戦となった今節、直近5試合で勝利のないベガルタ仙台との一戦に臨みました。

ゴールデンウィークの最終日にホームゲームで勝利を収めたいベルマーレでしたが前半3分に自陣の左サイドを仙台の選手たちに難なく突破されると、最後はMF野津田岳人選手にあっさりと得点を許し、前節と同様に開始早々の失点を献上してしまいます。

前半のベルマーレは攻撃と守備のやり方を仙台に巧みに研究されていたのか、ほぼ全くと言っていいほど手も足も出ず、相手優位のサッカーを展開されてしまいます。

前半30分にベルマーレ自陣ペナルティエリア内で反則を犯し仙台にPKのチャンスを与えますが、仙台FW石原直樹選手のシュートはベルマーレの絶対守護神GK秋元陽太選手が防ぎ、チームに勇気をもたらすビッグプレーが飛び出します。

しかし、秋元選手の頑張りも虚しく前半36分に再び仙台にPKを与えると、最後はFW西村拓真選手に決められ、2点ビハインドで前半を終えます。

2点を追うベルマーレは後半開始早々の4分、仙台陣内のペナルティエリア内でFWイ・ジョンヒョプ選手が仙台の反則を受けてPKを獲得。
自ら得たチャンスをしっかりとモノにして、開幕戦以来となる今季2ゴール目を記録します。

その後は仙台相手に猛反撃を見せるベルマーレ。
最終ラインからDF山根視来(みき)選手が飛び出してきてゴールを狙えば、MF秋野央樹(ひろき)選手が得意の左足のキックで脅かし、途中出場のMF梅崎司選手、FW野田隆之介選手がゴールを狙い続けますが、仙台の堅い守備を打ち崩せず、なかなか同点ゴールを挙げることができません。

前がかりになって重心が傾いていた後半アディショナルタイム、仙台MF蜂須賀孝治選手の蹴ったクリアボールがベルマーレの最終ラインの裏のスペースへ上手く抜けると、オフサイドに引っかからないように飛び出したFW西村拓真選手がキーパーとの1対1になるビッグチャンスを生み出します。
西村選手のシュートはコースを最低限に切ってきた秋元選手の手に当たりながらもゴールネットを揺らしてスコアは3-1。

ベガルタ仙台の確実性溢れるサッカーの前にベルマーレは屈し、ホームゲーム連敗に終わってしまいました。

試合後のベルマーレの曺貴裁(ちょう・きじぇ)監督は「7年間監督をやってきて一番酷い前半だった」と発言すれば、ゴールキーパーの秋元選手、秋野選手もそれぞれ言葉は違えど、観に来てくれたお客さんに申し訳ない、と語っていました。

偶然の要素が多いサッカーというスポーツとは言えど、良い結果をもたらすには確実に出来ることの精度を上げることで幸運を引き寄せることは充分に可能ですし、この試合は相手のやり方にただただやられてしまってはいましたが、今一度自分たちの力を見つめる良い機会になったと思うので、ベルマーレ戦士のこれからの奮起に期待したいですね!

次回の公式戦は水曜日にルヴァンカップのヴィッセル神戸戦、土曜日にJ1リーグの清水エスパルス戦とアウェイゲームが続きます。
地域の活性化に一役買っているベルマーレの勇姿を是非とも一目見ていただきたいので、清水戦後のルヴァンカップ長崎戦、J1リーグのジュビロ磐田戦のホームゲーム連戦のいずれか、あるいは両方の試合でスタジアムに足を運んでいただき、選手への大きな後押しをお願いしたいと思います。
berumare20180506640
















サポーター記者:佐々木 駿

次節:5月12日(土) 14時00分 vs清水エスパルス@IAIスタジアム日本平


次回ホームゲーム:5月16日(水) 19時00分 vs V・ファーレン長崎@Shonan BMW スタジアム平塚
image mascot bb549
 ? 2018-05-08 記