ベルマーレ記事一覧
コンタクト
サイト内検索(キーワードを入力ください。)
定期保守日のご連絡
毎月第2水曜日は定期保守日です
<<ユーザ名を忘れた時>>
       ・スポーツ課にお問合せください。
<<パスワードを忘れた時>>
  ・再申請の手続きは、こちらを参照ください。
記事イベント投稿 ログイン
検索|ログイン
湘南ベルマーレ 観戦記
bellmare20181124w640
2018J1リーグ第33節
日時:11月24日(土) 14:03キックオフ
会場:Shonan BMW スタジアム平塚

湘南ベルマーレ 2-1 浦和レッズ
クラブ史上初のJリーグカップのタイトルは手にしたものの、その後に行われたリーグ戦3試合では1分2敗。3試合連続で無得点、とシーズン終盤にきて年間の疲れが出てきてしまっている我らが湘南ベルマーレ。

J1リーグのホームゲーム最終戦となった今節の相手はJリーグ屈指の名門チームの浦和レッズ。
日本のサッカーの枠に収まらない熱狂的なレッズサポーターが集結したこともあり、スタジアムは超満員。
ホームチームはJ1リーグ残留を、アウェイチームは来季のAFCチャンピオンズリーグ出場を掛けての熱い闘いの火蓋が切って落とされます。

まず先に先手を取ったのはベルマーレ。
前半20分、レッズの攻撃を食い止めたDF坂圭祐選手が左足で前線へ送ったボールをFW山﨑凌吾選手目掛けてパスを送ると、山﨑選手はヘディングでレッズの最終ラインの空いているスペースにボールを落とします。

このボールに反応したのはFW梅崎司選手。
梅崎選手がボールを受け取って速攻を展開すると、スピードに乗ったドリブルで独走。
ゴール前まで自ら持ち運び、最後は浦和レッズGK西川周作選手の止めるタイミングを外した技ありの右足のシュートを決め、昨季まで10シーズン過ごした古巣相手に健在っぷりを大きくアピールするゴールを決めてみせます。

ベルマーレの1点リードで折り返した後半、レッズも反撃に出ようと圧力をかけますが、レッズの勢いをベルマーレが逆に利用して追加点を奪うことに成功します。

後半10分、ベルマーレは敵陣内で反則を犯してしまいますが、素早くプレーを再開しようとしたレッズの選手のパスに対し、受け手の選手と主審が交錯。ボールがこぼれてベルマーレのMF石川俊輝選手が素早く回収してペナルティーエリアの近くへ侵入。

石川選手がレッズの最終ラインの選手と駆け引きをしているFW菊地俊介選手へ浮き球のパスを送ると、ゴールから右45度に位置していた菊地選手は送り込まれてきたパスを自らのシュートが打ちやすい位置にトラップし、右足で冷静にゴールへ流し込んで、チームにとって貴重な2点目を挙げます。

後半32分、レッズのエースストライカーFW興梠慎三選手に一矢報いる得点を決められてしまいますが、最後までチームの闘い方がブレることなく時間をやり過ごしたベルマーレが逃げ切り、2-1で勝利!
今季のリーグ戦10勝目を挙げただけでなく、ホーム平塚での浦和戦の勝利は前身のベルマーレ平塚時代を含めて23年ぶりの勝利となりました。

試合終了後のホーム最終戦セレモニーでは、主将のFW高山薫選手、曺貴裁(ちょう・きじぇ)監督、水谷尚人社長が今季のチームを応援してくれたサポーターに向けて挨拶を行いました。

また、在籍10年目を数えるチーム最古参選手のDF島村毅(つよし)選手が今シーズン限りの現役引退を発表され、全ベルマーレサポーターから愛されていた選手がピッチを去るということになり、ひとつの時代の終わりを迎えた瞬間にもなりました。

リーグ最終戦となる最終節、ベルマーレは勝ち点40で並ぶ名古屋グランパスとの試合に臨みます。
この試合でベルマーレは引き分け以上の結果で終えれば、来シーズンのJ1リーグを闘える権利を得ることが出来ます。

湘南ベルマーレ、となってから初めてプレッシャーのかかるJ1残留争いの渦の中で闘い続けることが出来ているベルマーレ戦士たち。
少しずつの歩みでも、大きなステージに上がる為に走り続けているベルマーレ戦士たちに向けて名古屋方面へ想いを送ってくれると嬉しいです!

今季のベルマーレの観戦記事を書くのはこれが最後となります。
1年間、本当にありがとうございました!

来シーズンも湘南ベルマーレの応援をよろしくお願いします!

次節:12月1日(土) 14時00分 vs名古屋グランパス@パロマ瑞穂スタジアム
サポーター記者:佐々木 駿
belmare20181108w640
 
2018JリーグYBCルヴァンカップ 決勝
日時:10月27日(土) 13:10キックオフ
会場:埼玉スタジアム2002

湘南ベルマーレ 1-0 横浜F・マリノス
J1リーグ戦の合間に縫って行われるJリーグ YBCルヴァンカップも遂に大詰め。
ホーム平塚で行われた柏レイソルとの準決勝第2戦、PK戦までもつれる死闘を制し、クラブ史上初のJリーグカップ決勝進出を決めた我らが湘南ベルマーレ。

決勝戦の相手は同じ神奈川県に本拠地を置く横浜F・マリノス。
同大会の決勝戦史上初の“神奈川ダービー”マッチとなったこの試合、日本中のサッカーファンの注目が大きく集まるこの試合で、ベルマーレはこれまでのクラブの歩みを象徴するような試合を見せます。

試合開始のホイッスルが吹かれると、ベルマーレ戦士たちはサッカー関係者の間で『湘南スタイル』と呼ばれる闘い方を前面に押し出します。

ボールを持った相手チームの選手に容赦なく襲い掛かり、ボールを奪ったら素早く攻撃を展開。ボールを持った選手の後方の位置から様々な選手たちが攻撃に参加し、相手ゴールを陥れる。
マリノスの選手たちに息つく暇さえ与えないベルマーレ戦士たちのパフォーマンスの質は高く、今季2試合闘って1分け1敗のマリノスを大いに圧倒。
特に、埼玉スタジアムを本拠地とする浦和レッズに在籍していたFW梅崎司選手、MF岡本拓也選手の気合いは凄まじく、ベルマーレのユニフォームを着たことで得ることが出来た自信と勇気をプレーにそのまま反映。
アグレッシブさ全開な気持ちを攻守に打ち出し、試合を優位に進めます。

試合が動いたのは前半36分でした。
自陣右サイドからDF山根視来(みき)選手のパスを基点に、MF秋野央樹(ひろき)選手→MF金子大毅選手→FW石川俊輝選手→FW山﨑(やまさき)凌吾選手の流れでパスを繋ぎ、最初にパスを出した山根選手が前線へ駆け上がり、その動きを感じた山﨑選手がパスを送ろうとしますが、このボールは一度相手にカットされてしまいます。

しかし、カットしたボールがルーズになり、左サイドの位置から前線に位置取っていたMF杉岡大暉(だいき)選手がボールを拾ってゴール方向へドリブル。
前方にシュートが撃てるスペースを見つけ、相手のゴールマウスを確認すると、迷いを払拭し、決めるんだ!という強い気持ちが込もった杉岡選手の強烈な左足シュートがマリノスGK飯倉大樹選手の両手を弾いてゴールネットを揺らし、埼玉スタジアムに詰めかけたベルマーレサポーターを熱狂させます。

ベルマーレの1点リードで折り返した後半は前半と打って変わりマリノスのペースで試合が進みます。
今季、ベルマーレとの2試合で4得点を挙げているFWウーゴ・ヴィエイラ選手、鋭いドリブル突破が武器のFW仲川輝人選手、さらに途中こらはルヴァンカップの大会得点王FW伊藤翔選手を投入し、巧さと速さを持ち併せたアタッカーの選手たちを中心にベルマーレの選手たちをほぼ自陣に追い込んで得点を奪いに行きますが、ベルマーレの絶対守護神GK秋元陽太選手と、最終ラインを形成する3バックの山根選手、DF坂圭祐選手、DF大野和成選手を中心とした堅い守備でマリノスの攻撃を愚直に跳ね返し続け、勝利への強い気持ちを見せます。

1-0でベルマーレがリードしたまま後半の追加タイムの4分が過ぎ、試合の終了を告げるホイッスルがスタジアム内に響き渡ります。
その瞬間、ピッチの内外、スタンドの席種、場所を問わずにテレビの前やSNSで闘い続けていた黄緑と青の戦士たちのこれまでの頑張りが遂に報われることになりました。

クラブ創立50周年という記念すべき年に、クラブ史上初のJリーグカップ優勝という大快挙を成し遂げたベルマーレ戦士たち。

かつて、現役の代表選手を何人も抱えながらも当時の親会社の経営難による撤退からクラブが消滅しかけ、クラブ消滅は免れたものの主力選手が大量に居なくなったチームは1部リーグから2部リーグへと降格。2部リーグ暮らしも長年の歳月を要し、10年経ってやっと1部リーグへ戻れたりはしたものの、この数年の間に1部と2部リーグの間を行き来し続けていて、およそ順風満帆とは言えないクラブの人生を今も歩み続けている湘南ベルマーレというクラブですが、たとえどんなに辛く、苦しいことがあっても“ブレない”ものを心に刻んでおけば、いつかはその歩みが正しかった、間違ってはいなかったんだと、今回の闘いで示してくれたに違いありません。

試合後の監督会見、チームを率いて7年目で大きなタイトルを手にしてみせた曺貴裁(ちょう・きじぇ)監督は「この優勝はクラブ全体の勝利だと思います。いろいろな人がこの日を待ちわびていた中で、ここにいられることを幸せに思います。」とコメント。

“ここ”には居られなくても、かなり遠くて近いところから試合を見守ってくれていたクラブ関係者やサポーターの方々たちも居たと思います。
この世界に存在している人たち、別の世界に存在している人たち含めたベルマーレファミリーの集大成が、この大舞台に集められたような気がしてなりません。
全ての人たちにこの場を借りて感謝します。

ベルマーレを愛する皆様、本当におめでとうございました。

ただし、これはまだ通過点に過ぎません。
チームにはJ1リーグ残留という、大きなミッションが待ち受けています。
残りの試合に全身全霊をかけて、悔いのないシーズンの終盤戦を過ごしてもらいたいですね!

最後に、“日本サッカーの父”と呼ばれる伝説のドイツ人指導者、デットマール・クラマーさんの名言でこの記事を締めくくりたいと思います。

「タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフの笛である。」
サポーター記者:佐々木 駿
bell20181014
 
2018JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝第2戦
日時:10月14日(日) 16:03キックオフ
会場:Shonan BMW スタジアム平塚

湘南ベルマーレ 2-2(PK 5-4) 柏レイソル

J1リーグ戦の合間に縫って行われるJリーグ YBCルヴァンカップの準決勝に22年ぶりに進出を決め、クラブ史上初のJリーグカップ優勝に向かって勢いよく闘い続ける我らが湘南ベルマーレ。

10月10日の水曜日にアウェイ柏の地で行われた準決勝第1戦、ベルマーレは試合開始1分で先制点を献上しますが、前半9分にMF菊地俊介選手が右足で放ったミドルシュートが柏ゴールに華麗に突き刺さり、第1戦は1-1の引き分け。

中3日で迎えた第2戦、先手を取ったのはホームのベルマーレ。
前半28分、ベルマーレは左サイドから攻撃を展開し、最終ラインからDF大野和成選手が攻撃参加。
FW梅崎司選手からのパスを受けた大野選手がペナルティーエリア内へ侵入し、ゴール前へラストパス。このボールは柏の選手にクリアされるも、こぼれ球を拾ったMF石川俊輝選手が左足で狙い澄ましたシュートを放ちます!
このシュートが柏レイソルのゴールネットを揺らし、ベルマーレが決勝進出に一歩近づく先制点を挙げます。

後半に入ってもスコアは変わらず、1-0のまま。
ベルマーレのクラブ史上初の決勝進出が見えてきたか?…という雰囲気が漂いましたが、後半25分に柏レイソルに一瞬の隙を突かれ、最後はMF大谷秀和選手にゴールを許し、同点に追いつかれます。

その後も両チーム共に決め手を欠き、1-1のスコアで後半が終了。
準決勝の2試合を終えての合計スコアは2-2。
アウェイゴール(2試合の合計スコアが並んだ場合、アウェイで決めたゴールの数を優先するルール)の数も並んだ為、前後半合わせて30分の延長戦を行うことになりました。

延長前半3分、ベルマーレは敵陣でフリーキックを獲得。
梅崎選手からの短い距離のパスを受け取ったMF杉岡大暉選手が得意の左足でゴール前へボールを送ると、前線へ攻撃参加していたDF坂圭祐選手が頭で押し込み、この試合2度目のリードを奪います!

ベルマーレと同じように決勝進出を諦めない柏レイソルも延長後半8分、DF小池龍太選手が右サイドを馬力溢れるドリブルで駆け上がってゴール前へボールを送り込むと、最後は途中出場のFW山崎亮平選手が右足で正確に合わせたボレーシュートを決めて、再び追いすがります。
延長戦の前後半を終えてスコアは2-2。
延長戦でも決着はつかず、勝負はPK戦へ持ち越されます。

ホームのベルマーレが先攻、アウェイのレイソルが後攻で始まったPK戦、2人目を終えてベルマーレは杉岡選手、FW山﨑凌吾選手が、レイソルはFWクリスティアーノ選手、DF中山雄太選手がそれぞれキックを成功させます。

ベルマーレの3番目のキッカーはここまでルヴァンカップでチームトップの4得点を挙げて、今やチームに絶大な影響力を与えているFW梅崎司選手。経験豊富な梅崎選手のキックは無情にもゴールの枠を外れてしまいます。

レイソル3番手のMF手塚康平選手、ベルマーレ4番手のDF坂圭祐選手が2人連続でキックを成功させましたが、レイソルの4番手のキッカー、MF江坂任選手のキックはクロスバーを直撃。
ベルマーレのMF金子大毅選手、レイソルのDF鈴木大輔選手のそれぞれの5番手キッカーがキックを成功させ、両チーム5人ずつPKを蹴ってスコアは4-4。
ここからは外したら負け、のサドンデス方式に移ります。

ベルマーレの6番手はこの試合で途中出場を果たし、延長前半の得点に繋がるフリーキックを獲得したチームキャプテンのFW高山薫選手。
高山選手の迷いなきキックがレイソルGK滝本晴彦選手の両手をかすめてゴールネットを揺らします。

レイソルの6番手のキッカーとして出てきたのは延長後半に貴重な同点ゴールを決めた山崎選手。
ベルマーレはチームの絶対守護神のGK秋元陽太選手が相手のキックに向けての準備を行います。

すると、それまでは秋元コールで後押ししていたベルマーレサポーターが秋元選手のチャント(応援歌)を歌い出し、スタジアムは“一緒に勝ちに行くぞ、秋元!!!”というムードに包まれ、ベルマーレサポーターが奏でる大音量の秋元チャントが秋元選手の背中を大きく大きくサポートし、12番目の選手たちが試合を動かしにかかります。

秋元チャントが歌い終わってから数秒後、山崎選手のキックはゴールの枠から外れてしまいました。

この瞬間、ベルマーレはクラブ史上初めてのJリーグカップの決勝進出を決めました。

チームの守護神としてゴールマウスを守り続けた秋元選手が子供のように走り回って豪快なガッツポーズを炸裂させれば、キックを失敗した責任を味わいながらもチームメイトの大きな助けに支えられて決勝に行けたという実感からか、膝を落として泣き崩れる梅崎選手。

ピッチの上での喜び方も様々でしたが、スタンドから闘いを見守っていてサポーターも歓喜の喜びに包まれている人、プレッシャーから解放されて泣いてる人、その反応は人それぞれでしたが、ベルマーレに関わる全ての人たちが報われた瞬間でした。

記事を書いていながらも、試合の記憶を呼び起こせば目頭が熱くなってしまいます。
それだけの熱量をもたらしてくれる試合をベルマーレは展開してくれました。

ベルマーレは決して強いチームではありません。
10年以上前まではJ2リーグの下から数えて3番目の順位に落ちたこともありました。
目の前で相手チームのJ1昇格を数回、J1優勝を決められたこともありました。

しかし、ベルマーレはどんなことが起きても自分たちのスタイルをブレることなく貫き、ついにはJリーグカップの決勝へ進出できるチームに成長しました。

自分の人生の一部、いや、日常の生活の中にベルマーレがあって本当に良かった。
心からそう感じているし、これからも思い続けることでしょう。

J1リーグの残留争いにまだ身を投じている最中なのでリーグ戦に気持ちを切り替えていくのはもちろんのことですが、これからの闘いに向けて自信がついたことは間違いないと思います。

やって出来ないことはない、挑み続けて頑張り続けたその先に素晴らしい結果が待っている、ということを実感出来たはずですから。

次回のホームの札幌戦(J1リーグ戦)には是非ともスタジアムへ足を運んでいただき、厳しい残留争いに身を投じているチームを後押ししてもらいたいと思います。

そして、その翌週はルヴァンカップ決勝の横浜F・マリノス戦です。
試合はフジテレビ系列で全国ネットでの生中継かつJリーグカップの決勝戦ということもあり、普段より多くのサッカーファンの注目を集める試合となります。

地域とクラブの誇りを胸に闘い、“てっぺん”を奪うであろう選手たちの一挙手一投足に注目して、応援してくれたら嬉しいです!!!

次回ホームゲーム:10月20日(土) 16時00分 vs北海道コンサドーレ札幌@Shonan BMW スタジアム平塚

ルヴァンカップ決勝:10月27日(土) 13時05分vs横浜F・マリノス@埼玉スタジアム2002
サポーター記者:佐々木 駿
bell20180926w640
 
平成30年9月26日明治安田生命J1リーグ第18節(川崎フロンターレ戦)が開催されました。

日時:9月26日(水) 19:03キックオフ
会場:Shonan BMW スタジアム平塚

湘南ベルマーレ 0-0 川崎フロンターレ

belmare20180923w640
 
2018J1リーグ第27節
日時:9月22日(土) 19:03キックオフ
会場:Shonan BMW スタジアム平塚

湘南ベルマーレ 1-1 セレッソ大阪

前節、アウェイで行われた鹿島アントラーズとの一戦は試合終了間際に失点を喫して1-2の敗戦。
タフで厳しくて苦しいJ1リーグ残留争いの真っ只中に身を置いている我らが湘南ベルマーレ。

ホーム平塚に戻っての今節、ベルマーレはクラブ創立50周年記念試合と銘打ち、いつもの黄緑を基調としたユニフォームではなく、創立当初の黄色を基調としたユニフォームで試合に臨みます。

クラブにとってメモリアルな試合の対戦相手は、今月初旬のJリーグYBCルヴァンカップの準々決勝でも対戦したセレッソ大阪。

セレッソとの試合は今月だけで3回目。
何としても混沌のJ1残留争いから抜け出したいベルマーレと、来季のAFCチャンピオンズリーグの出場圏を目指すセレッソの熱くて激しい闘いが幕を開けます。

試合開始直後、日本代表にも名を連ねるセレッソ大阪のエースFW杉本健勇選手が右肩を負傷してそのまま負傷交代。
動揺を隠せないセレッソを尻目に、ホームのベルマーレが攻撃の糸口を見つけだしますが、キャプテンマークを巻くFW梅崎司選手のシュートが枠を外れるなど、先制点を挙げることが出来ません。

序盤はアクシデントに見舞われたセレッソでしたが、その後の試合はアウェイチームが優位に試合を進めて再三ベルマーレゴールに迫りますが、ベルマーレの選手たちが身体を張ってセレッソの攻撃を食い止めます。

0-0のまま進んだ後半37分。
先制点を挙げたのは、試合を通してずっと押されていたホームのベルマーレでした。

敵陣で得たフリーキックからの流れからチャンスを作ったベルマーレは、相手選手の中途半端なクリアを拾ったFW山口和樹選手から攻撃参加していたDF坂圭祐選手へと繋ぎ、坂選手がゴール前へ浮き球のパスを送ると、MF杉岡大暉選手の頭に当たり、ふわっと上空に浮いたボールがセレッソ守備陣の動きを止めると、このボールの落下点を見極めたDF大野和成選手が左足で強烈なボレーシュート!

このシュートがゴールネットを力強く揺らし、ホームスタジアムが驚きと熱狂の雰囲気に包まれました。
試合前にJリーグ通算200試合出場の記念セレモニーを行った大野選手の今季公式戦初ゴールでベルマーレが先制します。

その後もセレッソの攻撃に耐えるベルマーレ。
これで勝てる!、と思っていたベルマーレ関係者でしたが、最後の最後にまさかの結末が待っていました。

試合終了間際のラストワンプレーでセレッソにコーナーキックを与えてしまったベルマーレ。
懸命の守りで耐えていたものの、最後はセレッソ大阪MFソウザ選手に同点ゴールを決められてしまい、掴みかけていた勝利という結果を自分たちの手でスルリと離してしまいました。

1-1で追いつかれた引き分け、という悔しさと虚しさと哀しさが残る結果になってしまいましたが、残り8試合で何が起きるかは誰にもわからないことなので、自分と仲間を信頼して次の試合に堂々とした姿で臨んでほしいと思います。

そんな次節は台風の影響で延期になっていた川崎フロンターレとのホームゲーム。
J1リーグ優勝を目指している非常に手強い相手との対戦となりますが、現実を嘆いていても何も始まらないので、目の前の現実を少しでも良くして笑って過ごせる未来に変えれるように頑張ってほしいですね!

平日の夜の試合ということではありますが、是非ともスタジアムに足を運んでいただき、地域の誇りとクラブの歴史を背負って日々の闘いに身を置いているベルマーレ戦士を後押ししてくれると嬉しいです!

次回ホームゲーム:9月26日(水) 19時30分 vs川崎フロンターレ@Shonan BMW スタジアム平塚
サポーター記者:佐々木 駿

Copyright © 2018 ひらつかスポーツナビ. All Rights Reserved.

ひらつかスポーツナビとは | 利用規約 | 個人情報の取扱い | サイト管理者

このサイトは、平塚市および認定NPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営しています。

ワイズ・スポーツ(株)の提供する「スポーツナビ」(http://sports.yahoo.co.jp/)とは営業上及び組織上、関係はございません。