ベルマーレ記事一覧
コンタクト
サイト内検索(キーワードを入力ください。)
定期保守日のご連絡
毎月第2水曜日は定期保守日です
<<ユーザ名を忘れた時>>
       ・スポーツ課にお問合せください。
<<パスワードを忘れた時>>
  ・再申請の手続きは、こちらを参照ください。
記事イベント投稿 ログイン
検索|ログイン
湘南ベルマーレ 観戦記


2019J1リーグ第10節
日時:5月4日(土・祝) 16:03キックオフ
会場:Shonan BMW スタジアム平塚

湘南ベルマーレ 1-1 名古屋グランパス

前節、アウェイで行われたサガン鳥栖との試合、大卒ルーキーのFW大橋祐紀選手のプロ初ゴールで先制点を奪い、試合終了間際にはFW梅崎司選手がリーグ戦今季初ゴールとなるダメ押し点を叩き込み、リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾ってみせた我らが湘南ベルマーレ。

今節の相手はここまでJ1リーグ2位につける名古屋グランパス。
“平成”から“令和”に元号が変わってからの最初のホームゲーム、ベルマーレ戦士は新しい時代の流れを切り拓いていく闘いに挑みます。

前半からベルマーレ、グランパス共にお互いの持ち味を発揮しながら、試合の熱気を上げていきます。
ベルマーレなら高い走力と球際での激しさ、グランパスならボール扱いの巧さと局面でのアイデア、と言った具合に、両チームの“哲学”がバチバチとぶつかり合います。

両チーム無得点のまま前半終了…かと思われましたが、前半終了間際に名古屋ペナルティーエリア陣内でベルマーレのMF岡本拓也選手がグランパスのMFジョアン シミッチ選手に倒されてPKを獲得。

先制点を奪う大チャンスの場面、キッカーとして名乗り出たのはFW山﨑凌吾選手。山﨑選手はグランパスGKランゲラック選手の動きを冷静に見極め、ランゲラック選手が横っ飛びした方向とは逆のコースへ落ち着いて流し込みます!
攻守に献身的な姿勢を存分に発揮しながらも公式戦未だにノーゴールだった前線の柱の山﨑選手の今季初ゴールで、ホームスタジアムの雰囲気がより高まりを見せます。

ベルマーレの1点リードで迎えた後半、さらに攻勢を強めたいベルマーレでしたが、リーグ屈指の攻撃力を誇る名古屋がさらに圧力を強めてベルマーレを自陣へ押し込み、同点ゴールを狙いにいきます。
すると後半20分、グランパスのフリーキックの流れから最後はシミッチ選手にヘディングシュートを決められて試合は振り出しに。

その後、ベルマーレに訪れたチャンスはゴール前で直接フリーキックを得たMF杉岡大暉(だいき)選手の場面のみ。
逆にグランパスには、FW赤﨑秀平選手、FW長谷川アーリアジャスール選手のシュートがポスト直撃など、再三に渡って危険な場面を作られてしまいますが、ベルマーレゴールを最後まで割らせることはなく、試合は1-1のまま終了。
勝ち点1を分け合う結果となりました。

試合開始前から雷雨を伴う天気の中で試合が始まり、後半開始時には晴れ間が差し込むという、不安定な天気の中での一戦となりましたが、スタンドをほぼ全部埋め尽くす1万4000人以上の観衆が入ったということで、大型連休の過ごし方の中に“サッカー”が入っているのはとても良いことではないのでしょうか。

ホームチームのサポーターはさることながら、アウェイチームのサポーターもこの試合は多く平塚に駆けつけてくれました。
両チームのサポーターの想いがこもって今節のような熱い試合を展開することが出来たのは、新しい時代を生きていく我々にとって素晴らしいきっかけになったと思います!

次回のホームゲームはルヴァンカップのグループステージ第5戦のV・ファーレン長崎戦。
現在グループAで最下位に沈むベルマーレ。
逆転での決勝トーナメント進出を狙うには残り2試合で2連勝がすることが絶対条件になります。

平日の夜の試合開催ということで参戦することは難しいとは思いますが、大型連休明けで仕事や学校のリズムが戻らないというそこの貴方、是非スタジアムへ足を運んでほんの少しの刺激をサッカーから受けてみてはいかがですか?

次回ホームゲーム:5月8日(水) 19時00分 vsV・ファーレン長崎@Shonan BMW スタジアム平塚

記者サポーター:佐々木 駿

bellmare20190504w640 copy copy











Copyright © 2018 ひらつかスポーツナビ. All Rights Reserved.

ひらつかスポーツナビとは | 利用規約 | 個人情報の取扱い | サイト管理者

このサイトは、平塚市および認定NPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営しています。

ワイズ・スポーツ(株)の提供する「スポーツナビ」(http://sports.yahoo.co.jp/)とは営業上及び組織上、関係はございません。