ベルマーレ記事一覧
コンタクト
サイト内検索(キーワードを入力ください。)
定期保守日のご連絡
毎月第2水曜日は定期保守日です
<<ユーザ名を忘れた時>>
       ・スポーツ課にお問合せください。
<<パスワードを忘れた時>>
  ・再申請の手続きは、こちらを参照ください。
記事イベント投稿 ログイン
検索|ログイン
湘南ベルマーレ 観戦記
bellmare20181124w640
2018J1リーグ第33節
日時:11月24日(土) 14:03キックオフ
会場:Shonan BMW スタジアム平塚

湘南ベルマーレ 2-1 浦和レッズ
クラブ史上初のJリーグカップのタイトルは手にしたものの、その後に行われたリーグ戦3試合では1分2敗。3試合連続で無得点、とシーズン終盤にきて年間の疲れが出てきてしまっている我らが湘南ベルマーレ。

J1リーグのホームゲーム最終戦となった今節の相手はJリーグ屈指の名門チームの浦和レッズ。
日本のサッカーの枠に収まらない熱狂的なレッズサポーターが集結したこともあり、スタジアムは超満員。
ホームチームはJ1リーグ残留を、アウェイチームは来季のAFCチャンピオンズリーグ出場を掛けての熱い闘いの火蓋が切って落とされます。

まず先に先手を取ったのはベルマーレ。
前半20分、レッズの攻撃を食い止めたDF坂圭祐選手が左足で前線へ送ったボールをFW山﨑凌吾選手目掛けてパスを送ると、山﨑選手はヘディングでレッズの最終ラインの空いているスペースにボールを落とします。

このボールに反応したのはFW梅崎司選手。
梅崎選手がボールを受け取って速攻を展開すると、スピードに乗ったドリブルで独走。
ゴール前まで自ら持ち運び、最後は浦和レッズGK西川周作選手の止めるタイミングを外した技ありの右足のシュートを決め、昨季まで10シーズン過ごした古巣相手に健在っぷりを大きくアピールするゴールを決めてみせます。

ベルマーレの1点リードで折り返した後半、レッズも反撃に出ようと圧力をかけますが、レッズの勢いをベルマーレが逆に利用して追加点を奪うことに成功します。

後半10分、ベルマーレは敵陣内で反則を犯してしまいますが、素早くプレーを再開しようとしたレッズの選手のパスに対し、受け手の選手と主審が交錯。ボールがこぼれてベルマーレのMF石川俊輝選手が素早く回収してペナルティーエリアの近くへ侵入。

石川選手がレッズの最終ラインの選手と駆け引きをしているFW菊地俊介選手へ浮き球のパスを送ると、ゴールから右45度に位置していた菊地選手は送り込まれてきたパスを自らのシュートが打ちやすい位置にトラップし、右足で冷静にゴールへ流し込んで、チームにとって貴重な2点目を挙げます。

後半32分、レッズのエースストライカーFW興梠慎三選手に一矢報いる得点を決められてしまいますが、最後までチームの闘い方がブレることなく時間をやり過ごしたベルマーレが逃げ切り、2-1で勝利!
今季のリーグ戦10勝目を挙げただけでなく、ホーム平塚での浦和戦の勝利は前身のベルマーレ平塚時代を含めて23年ぶりの勝利となりました。

試合終了後のホーム最終戦セレモニーでは、主将のFW高山薫選手、曺貴裁(ちょう・きじぇ)監督、水谷尚人社長が今季のチームを応援してくれたサポーターに向けて挨拶を行いました。

また、在籍10年目を数えるチーム最古参選手のDF島村毅(つよし)選手が今シーズン限りの現役引退を発表され、全ベルマーレサポーターから愛されていた選手がピッチを去るということになり、ひとつの時代の終わりを迎えた瞬間にもなりました。

リーグ最終戦となる最終節、ベルマーレは勝ち点40で並ぶ名古屋グランパスとの試合に臨みます。
この試合でベルマーレは引き分け以上の結果で終えれば、来シーズンのJ1リーグを闘える権利を得ることが出来ます。

湘南ベルマーレ、となってから初めてプレッシャーのかかるJ1残留争いの渦の中で闘い続けることが出来ているベルマーレ戦士たち。
少しずつの歩みでも、大きなステージに上がる為に走り続けているベルマーレ戦士たちに向けて名古屋方面へ想いを送ってくれると嬉しいです!

今季のベルマーレの観戦記事を書くのはこれが最後となります。
1年間、本当にありがとうございました!

来シーズンも湘南ベルマーレの応援をよろしくお願いします!

次節:12月1日(土) 14時00分 vs名古屋グランパス@パロマ瑞穂スタジアム
サポーター記者:佐々木 駿

Copyright © 2018 ひらつかスポーツナビ. All Rights Reserved.

ひらつかスポーツナビとは | 利用規約 | 個人情報の取扱い | サイト管理者

このサイトは、平塚市および認定NPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営しています。

ワイズ・スポーツ(株)の提供する「スポーツナビ」(http://sports.yahoo.co.jp/)とは営業上及び組織上、関係はございません。