ベルマーレ記事一覧
コンタクト
サイト内検索(キーワードを入力ください。)
定期保守日のご連絡
毎月第2水曜日は定期保守日です
<<ユーザ名を忘れた時>>
       ・スポーツ課にお問合せください。
<<パスワードを忘れた時>>
  ・再申請の手続きは、こちらを参照ください。
記事イベント投稿 ログイン
検索|ログイン
湘南ベルマーレ 観戦記
bell20180905w640
 
2018JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝第1戦
日時:9月5日(水) 19:03キックオフ
会場:Shonan BMW スタジアム平塚

湘南ベルマーレ 3-0 セレッソ大阪

J1リーグ戦の合間に縫って行われるYBCルヴァンカップの準々決勝に進出し、クラブ史上初のルヴァンカップ優勝に向けて意気揚々と闘い続ける我らが湘南ベルマーレ。

準々決勝の相手は前年度王者のセレッソ大阪。
大会連覇を目指すチームをホーム平塚に迎え、平日夜の熱戦に挑みます。

序盤から試合を支配したのはホームのベルマーレ。
前半28分、後方から攻撃を組み立てるベルマーレは、前線のFW野田隆之介選手へとパスを送り、パスをもらった野田選手は自分の近くでボールを貰いやすい位置にいたFW松田天馬(てんま)選手にパス。
ボールを受け取った松田選手はセレッソゴールに向けてドリブルを開始して、シュートが撃てる射程圏内まで運ぶと、ペナルティーエリア付近で左足を一閃!
綺麗な弾道のシュートがセレッソゴールに突き刺さり、松田選手の公式戦3月2日以来の得点が決まって、ベルマーレが幸先良く先制します。

アウェイのセレッソも反撃に出たいところでしたが、日本代表に選出されたMF山口蛍選手(後に怪我で辞退)、FW杉本健勇選手、韓国代表に選出されたGKキム・ジンヒョン選手ら主力3人の不在が大きく響く形となり、得点を奪い取るイメージすら見出せません。

すると後半25分、前がかりになっていたセレッソの隙を突くベルマーレの高速カウンターが炸裂します。
先制点を挙げた松田選手が中盤でボールを受け取ると、高い位置を取っていたセレッソの最終ラインの後ろに大きく空いたスペースへ浮き球のボールを蹴り込みます。
松田選手のキックに反応したのは右サイドのMF岡本拓也選手。追走する相手選手を苦にすることもなくゴール前へパスを送ります。
このパスに反応したのは岡本選手と同じタイミングでゴール前へ走り出し、得点のイメージを決める前から描いていたFW梅崎司選手。
岡本選手からの“決めてください!”というメッセージ性のこもったパスを難なくセレッソゴールに決めてみせた梅崎選手の鮮やかな流れからのゴールでベルマーレが追加点を挙げます。

止まらないベルマーレは梅崎選手のゴールから5分後の後半30分にもスコアを動かします。
自陣でボールを持っていたDF山根視来(みき)選手が得意のドリブルで敵陣へと侵入。
最終ラインからの迫力満点のドリブルでセレッソ守備陣を切り裂き、右サイドからゴール前へと近づきます。
山根選手のパスをゴール前で受けたのは中盤の底に位置しているMF金子大毅選手。
金子選手は一度ボールを持った後、ボールを奪いにきたセレッソの選手を巧みなボールコントロールでかわし、左足で抑えの効いたシュートを放ちます!
このシュートが決まり、ベルマーレはダメ押し弾となる3点目をゲット。
先週のJ1リーグ戦でプロ初ゴールを挙げた金子選手の公式戦2戦連発弾で、ホームスタジアムの盛り上がりは最高潮に達します。

その後はセレッソの反撃を難なく受け止めたベルマーレが試合を上手く進めて3-0で勝利!
準決勝進出に向けて大きなアドバンテージを得た一戦となりました。

この試合は前述の松田選手、金子選手、試合を通してファイトした姿勢がサポーターのハートを熱くさせたMF石原広教(ひろかず)選手といった若手選手たちが大いに躍動。

日々の生活で様々な浮き沈みを体験している彼らが活躍するというのは、クラブに関わるすべての人たちにとって本当に大きな活力になります。
貴重な地域の財産とも言える若手選手たちの活躍を今後も期待したいところであります。

次戦は9日の日曜日に準々決勝の第2戦が行われ、今度はセレッソ大阪のホームスタジアムへと乗り込むベルマーレ。
後がない相手との対戦は気持ち的に難しいところがありますが、タイトル奪取の為に必ずや結果にコミットしてくれるでしょう!

“てっぺん”を目指すベルマーレ戦士たちの闘いに要注目です!

次回のホームゲームまで間は空きますが、22日の土曜日に行われる試合はクラブ創立50周年記念試合として開催されます。
今のこの一瞬を、これからを本気に楽しんで生きている湘南ベルマーレというクラブの生き様を是非とも1人でも多くのお客様に見ていただきたいので、スタジアムへ足を運んでみてはいかがでしょうか。
日常の一部を非日常な空間と時間に変えてくれる不思議なエネルギーが、Shonan BMW スタジアム平塚にはあります。

次回ホームゲーム:9月22日(土) 19時00分 vsセレッソ大阪@Shonan BMW スタジアム平塚
サポーター記者:佐々木 駿
bellmare20180826w640
 
2018J1リーグ第24節
日時:8月26日(日) 19:03キックオフ
会場:Shonan BMW スタジアム平塚

湘南ベルマーレ 0-0 FC東京

前節、ホームで行われたヴィッセル神戸との試合は0-2の敗戦、リーグ戦の合間に行われた天皇杯4回戦の川崎フロンターレとの試合も1-3の敗戦。

天皇杯の敗退が決まると共に公式戦4連敗を喫し、浮上のきっかけがなかなか見えてこない我らが湘南ベルマーレ。

J1リーグのホームゲーム連戦となった今節は、ベルマーレと同じく直近4試合で4敗とこちらも勢いが陰っているFC東京との対戦。
何としても連敗を抜け出したい、両チームともに自分たちの真価が問われる一戦となりました。

アグレッシブに前線から走り続けるホームのベルマーレと、相手のサッカーに上手く付き合いながら綻びが生じたところを確実に突いてくるFC東京、という構図で進みます。

ベルマーレはFW小川慶治朗選手が立て続けにゴールを狙い続ければ、FC東京はFWディエゴ オリヴェイラ選手、リンス選手が虎視眈々とゴールを奪いに行きます。

しかし、ベルマーレGK秋元陽太選手、FC東京GK林彰洋選手の両ゴールキーパーが立て続けにシュートを防ぎ、得点は許さず。
ゴールネットが揺れないまま、試合は後半へ。

後半10分、ホームのベルマーレにビッグチャンス。
味方選手との連携プレーからボールを受けたMF松田天馬(てんま)選手が鋭いステップで相手ディフェンダーをかわして前述の林選手と1対1の状況に。林選手の間合いを外した松田選手が左足でチップキックを放つも、シュートはクロスバーを直撃。このこぼれ球をMF岡本拓也選手が狙いますが、シュートは大きく枠を外れ、ベルマーレは決定機をモノにすることが出来ません。

その後は互いに消耗しながらも激しい闘いを演じた両チームでしたが、試合を決めるまでには至らず。
結果は0-0。ベルマーレは勝ち点1を積み上げ、何とか連敗を抜け出すことが出来ました。

リーグ戦では4試合ぶりに勝ち点を獲得することが出来ましたが、J2降格圏の16位のサガン鳥栖との勝ち点差はわずかに2。
厳しい闘いは今後も続いていきますが、逃げずにブレずに歩いたトンネルの先に、明るい出口があることを信じて、チームをサポートしていきたいと思います。

そんなベルマーレは次節、アウェイで現在最下位に沈んでいるV・ファーレン長崎とのJ1残留争い直接対決という、今後の闘いを見据える上でも凄く重要な試合に臨みます。
生き残りを賭けた激しい試合が予想されるので、ベルマーレ戦士が最後には必ず勝利の喜びに浸れるように期待したいですね!

大事な大事なアウェイゲームを気にしてもらいつつ、その次の週に行われるJリーグYBCルヴァンカップの準々決勝第1戦のセレッソ大阪戦に平日の夜ではありますが、是非ともスタジアムに足を運んでいただき、タイトル獲得へ高みを目指すベルマーレ戦士たちに大きな声援を送ってもらえれば、とても嬉しいです!

次節:8月31日(金) 19時00分 vsV・ファーレン長崎@トランスコスモススタジアム

次回ホームゲーム:9月5日(水) 19時00分 vsセレッソ大阪@Shonan BMW スタジアム平塚
サポーター記者:佐々木 駿
bellmare20180819w640
 
2018J1リーグ第23節
日時:8月19日(日) 19:03キックオフ
会場:Shonan BMW スタジアム平塚

湘南ベルマーレ 0-2 ヴィッセル神戸

前節、アウェイで行われたベガルタ仙台との一戦は1-4で敗戦。
夏場の過密日程に差し掛かっての足踏みは避けたい今節はホームに4位のヴィッセル神戸を迎えての一戦となりました。

長らくスペイン代表、そして世界トップレベルのサッカークラブ、FCバルセロナで中心選手として活躍していたMFアンドレス・イニエスタ選手が今夏に神戸に加入したこともあり、イニエスタ選手のプレーをひと目見ようと、多くのサッカーファンがShonan BMW スタジアム平塚に集結。

チケット全席完売というスタジアム大盛り上がりの雰囲気の中で始まった一戦、ベルマーレは先発出場のFW野田隆之介選手、MF石川俊輝選手がゴールを狙いに行きますが、先制点は奪えず。

すると前半35分、リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)、ネイマール(ブラジル代表)のサッカー界のスーパースターですら舌を巻く技術を持つイニエスタ選手のプレーから、ベルマーレはピンチを作られます。

自陣内でボールを持たれたベルマーレは守備の陣形を作って神戸の攻撃に対応しますが、ベルマーレの守備網を見つけたイニエスタ選手が浮き球で味方の選手にボールを送ると、このボールに反応したFW長沢駿選手が頭でパスを送り、イニエスタ選手のパスと同時に前線へ走り込み、長沢選手のお膳立てを受けたMF三田啓貴選手がベルマーレの守備を上手くかわして左足で強烈なシュートを決めて、アウェイの神戸が先制点を挙げます。

1点ビハインドで後半へと折り返したベルマーレは開始直後、中盤からのスルーパスに抜け出したFW山﨑凌吾選手が飛び出した相手ゴールキーパーを引きつけてチャンスを作ると、途中出場のFWアレン ステバノヴィッチ選手が山﨑選手からのパスを受けてシュートを放ちますが、ゴールカバーに入った神戸の選手に防がれ、同点ゴールとはならず。

膠着状態が続いた試合展開の中、ゲームを動かしたのはイニエスタ選手に次ぐもう1人のワールドクラスのプレイヤー、元ドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキー選手でした。
後半31分、味方との連携プレーからベルマーレの守備網を突破したポドルスキー選手がゴール前へ独走。得意の左足でシュートを狙います。
このボールはベルマーレの守護神GK秋元陽太選手が一度は止めますが、このこぼれ球を途中出場のFW郷家友太選手が押し込み、神戸が追加点を挙げます。

応援してくれているホームのサポーターになんとかゴールシーンだけでも届けたいベルマーレはDF山根視来選手、山﨑選手がゴールを狙いますが、山根選手のシュートは神戸GKキム・スンギュ選手に阻まれ、山﨑選手のシュートはポストに直撃。ゴールネットを揺らしたくても揺らせない、もどかしい想いが募ります。

結局試合は0-2で終了。
ベルマーレはリーグ戦3連敗を喫してしまいました。

選手もスタッフも日々を全力で過ごしているのは間違いないとは思いますが、それだけでも良い結果を得ることができないのがプロの世界。
相手が居るスポーツの難しさを改めて感じる試合でもありましたが、自分たちのやれること、やれないことを再認識できる良い機会だと思うので、次の試合に向けて準備を再び進めてもらいたいと思います。

J1リーグの次節はホームゲーム連戦、相手は3位のFC東京。
前回の対戦では相手優位のサッカーを進められて、ほぼ何もさせてもらえなかった試合となりました。
苦境を脱するにはちょうどいいタイミングだと思うので、選手たちの奮起に期待したいですね!

平成最後の夏が終わろうとしていますが、日々の生活に彩りと思い出を作るためにも、是非ともスタジアムへ足を運んでいただき、ベルマーレ戦士へ熱い眼差しを送っていただけると嬉しいです!

次回ホームゲーム:8月26日(日) 19時00分 vsFC東京@Shonan BMW スタジアム平塚
サポーター記者:佐々木 駿
bellmare20180812w640
 
2018J1リーグ第21節
 日時:8月11日(土・祝) 19:03キックオフ
 会場:Shonan BMW スタジアム平塚
 
湘南ベルマーレ 0-1 横浜F・マリノス

 前節、J1リーグ首位のサンフレッチェ広島とのアウェイゲームを2-2の引き分けに持ち込み、リーグ戦5試合負けなしと好調を維持している湘南ベルマーレ。
 
今節は同じ神奈川県内に本拠地を置く横浜F・マリノスとの“神奈川ダービー”。
 前回の対戦では4-4という壮絶な撃ち合いを展開。上位進出を狙うための負けられない試合に臨みました。
 
試合開始から両チームの狙いがバチバチとぶつかり合います。
ベルマーレの選手たちが押し寄せる波のように積極的にマリノスの選手たちからボールを奪いに行こうとすれば、マリノスの選手たちは押し寄せてくる波の勢いを利用して巧みに波乗りするかの如く、ベルマーレの圧力を受け流していきます。
 
前半の間にベルマーレは今夏にJ1のヴィッセル神戸から加入したFW小川慶治朗選手、来週からインドネシアで行われるアジア大会の日本代表メンバーに選出されたDF杉岡大暉選手にそれぞれ決定機が訪れますが、小川選手のシュートは相手ゴールキーパーの正面に飛び、コーナーキックから訪れた決定機では、杉岡選手が空振りしてしまって、得点は奪えず。
 両チーム無得点のまま、前半を終えます。
 
後半開始早々、いきなり試合が動きます。
 後半3分、マリノスDF山中亮輔選手がベルマーレの最終ラインの裏へ浮球のパスを送ると、中盤のMF天野純選手がオフサイドに引っかからないように飛び出してゴール前へクロス。
 このボールに飛び込んだのは、前回の対戦でベルマーレ相手にハットトリックを達成したFWウーゴ ヴィエイラ選手。ウーゴ選手のヘディングシュートがベルマーレゴールに吸い込まれ、アウェイの横浜F・マリノス選手が先制します。
 
反撃を試みたいベルマーレはMF高橋諒選手、MF松田天馬(てんま)選手、FW野田隆之介選手といった攻撃で持ち味を発揮できる選手たちを次々に投入しますが、元日本代表DF中澤佑二選手を中心としたマリノスの堅い守備網を打ち破ることが出来ず、時間だけが刻々と過ぎていきます。
 
試合終了間際、マリノス守備陣の一瞬の隙を見逃さなかった松田選手がペナルティエリアの外から強烈なミドルシュートを放ちますが、このシュートは無情にもポストを叩き、同点弾とはならず。
 
結局試合は0-1のまま終了。
 ベルマーレはリーグ戦で6試合ぶりの敗戦を喫しました。
 
チームの狙いも明確に見えていて、自信を持って闘うんだ!という気持ちは伝わってはきましたが、地力に勝る相手に一瞬でも隙を見せてしまうとあっさりとやられてしまうなあという怖さを改めて実感させられました。
 
連日の酷暑で選手もスタッフも大変だとは思いますが、J1リーグに生き残るためにもここでひと踏ん張りしてほしいものです。
 
次節のベルマーレ、アウェイでベガルタ仙台との対戦となります。
 今季既に公式戦で3回も戦っている相手との一戦、心と身体が疲弊するのは間違いなさそうですが、お盆休みを利用してアウェイの地に赴くサポーターも多いと思うので、良い結果を出せるように頑張ってきてほしいですね!
 
次回のホームゲームのヴィッセル神戸戦は前売りの段階でチケットが完売しており、多方面から大きな注目が集まる試合となるはずです。
 世界的な名プレイヤーの元スペイン代表アンドレス・イニエスタ選手、元ドイツ代表ルーカス・ポドルスキー選手が所属していることもあり、注目がベルマーレに向くことは少ないでしょうが、強烈過ぎる個の力を持った相手に対してベルマーレがどう立ち向かっていくのか。
 
J1リーグも残すところあと3ヶ月と半ば。
 サッカーというスポーツにより一層の関心を持っていただくことをお勧めすると共に、次回以降のホームゲームで是非スタジアムに足を運んでいただけると嬉しいです。
 
次節:8月15日(水) 19時00分 vsベガルタ仙台@ユアテックスタジアム仙台
 
次回ホームゲーム:8月19日(日) 19時00分 vsヴィッセル神戸@Shonan BMW スタジアム平塚
サポーター記者:佐々木 駿
belmare20180719v1
 
2018J1リーグ第16節
日時:7月18日(水) 19:03キックオフ
会場:Shonan BMW スタジアム平塚

湘南ベルマーレ 1-1 サガン鳥栖

全世界に熱狂と感動をもたらしたロシアワールドカップが終了し、4年後の2022カタールワールドカップへの道のりが始まったサッカー界。

ワールドカップベスト16の壁を超えられなかった日本代表の底上げを図るためにも、自分たちの国のリーグ戦からレベルアップする方法を模索したい再開初戦。
リーグ再開直後から過酷な夏場の連戦に突入する我らが湘南ベルマーレはホームに現在17位に沈んでいるサガン鳥栖を迎えての一戦となりました。

試合は前線から出足の速い守備で相手のリズムをかき乱そうとするベルマーレと、最終ラインから長いボールを前線に送って相手の動きを重くしようとする鳥栖、という両チームの狙いがぶつかり合う展開になりますが、どちらもゴールを決めるというところで精度を欠き、先取点を奪うことが出来ません。

前半を0-0で折り返しますが、後半3分に試合が動きます。
ホームのベルマーレが攻撃を展開し、最終ラインに入っているDF坂圭祐選手が中盤へと攻め上がり、ゴール前へ正確なクロスボールを送り込むと、坂選手のクロスに反応したのはMF高橋諒選手。
高橋選手は走り込みながら身体をクルッと回して右足の踵でトリッキーなシュート!
これが自身J1リーグ初ゴールとなった高橋選手のオシャレなシュートが決まり、ベルマーレが先制します。

先制した後はアウェイの鳥栖が一方的に押し込む時間が長くなり、高温多湿の天候もあってかベルマーレは反撃の糸口すら見つけることが出来ません。

鳥栖の攻撃に耐えていたベルマーレでしたが、後半36分に鳥栖の左サイドバック、DF吉田豊選手に突破を許してゴール前にクロスを送られると、ボールは坂選手の足に当たって無情にもベルマーレのゴールネットを揺らしてしまい、鳥栖がラッキーな形で同点に追いつきます。

試合終了の笛が鳴るまで全力を尽くした両チームでしたが、勝ち越し点を奪うまでには至らず、スコアは1-1のまま変わらず。
リーグ再開初戦は痛み分けという結果に終わりました。

中断期間中に怪我人が出たりして苦しいやり繰りの中での試合となりましたが、やはりそれでもベルマーレの選手たちならもっと出来る、という想いが込み上げてきました。

世界との距離を縮める為にもう1センチ、もう1メートル走れたり、技術を磨いたりすることが日本サッカーの発展に繋がると確信しているので、日本のサッカー界全体で雰囲気を盛り上げていけるように日々努力を惜しまないようにしたいと思います。

次節は中3日で訪れるアウェイゲーム、ヴィッセル神戸との対戦になります。
ロシアワールドカップにも出場していたスペイン代表の中心選手、アンドレス・イニエスタ選手が加入し、かなりの盛り上がりを見せているチームとの闘いになりますが、ベルマーレ戦士たちがどうやって試合を攻略するか、楽しみにしたいと思います。

そして、次回のホームゲームは川崎フロンターレを迎えての神奈川ダービーとなります。
Jリーグ屈指の好チームとの対戦は雰囲気上がること間違いなしです!
ワールドカップの闘いをご覧になって近くのプロサッカーチームの試合を見てみたい!という方は是非ともベルマーレのホームスタジアムへ足を運んでいただいて、4年後のワールドカップで日本代表のユニフォームを着て試合に出るかもしれない選手たちの全力プレーを間近で体感してほしいです!

次節:7月22日(日) 18時00分 vsヴィッセル神戸@ノエビアスタジアム神戸
次回ホームゲーム:7月28日(土) 19時00分 vs川崎フロンターレ@Shonan BMW スタジアム平塚
サポーター記者:佐々木 駿

Copyright © 2018 ひらつかスポーツナビ. All Rights Reserved.

ひらつかスポーツナビとは | 利用規約 | 個人情報の取扱い | サイト管理者

このサイトは、平塚市および認定NPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営しています。

ワイズ・スポーツ(株)の提供する「スポーツナビ」(http://sports.yahoo.co.jp/)とは営業上及び組織上、関係はございません。